イタリア

    1: 影のたけし軍団 ★ 2021/01/14(木) 23:03:42.48 ID:z88FlZsO9
    イタリア政府は14日までに、新型コロナウイルスを受けた非常事態宣言を4月30日まで延長することを決めた。
    1月末で期限切れとなる予定だったが、感染拡大が続いていることから、政府に強い権限を与える宣言の延長が必要と判断した。

    イタリア政府は昨年1月に非常事態宣言を出して以降、延長を繰り返している。

    政府の今月13日の発表によると、新型コロナの1日での死者は約500人で、新規感染者は約1万5千人。

    これまでの死者は計8万人を超えており、累計感染者は約230万人に上っている。
    https://this.kiji.is/722440480527663104?c=39546741839462401

    【【イタリア非常事態宣言】 4月30日まで延長・・・13日、コロナの1日の死者は約500人、新規感染者は約1万5千人】の続きを読む

    1: 愛の戦士 ★ 2021/01/07(木) 16:46:06.92 ID:IVFxwbg49
    【AFP=時事】
    イタリア・カラブリア州でマフィアと関係がある隣人に土地を明け渡すことを拒んだ女性が、殺されてブタの餌にされていたことが分かった。地元メディアが6日、マフィアの元構成員の話として報じた。

     殺害されたマリア・チンダモさんは2016年5月6日、カラブリア州西部リンバーディにある自身の農場前で行方不明になった。同州では、人々が何の痕跡も残さず消える事件が相次いでいた。

     ニュースサイト「イル・ビボネーゼ」によると、マフィアの元構成員で現在は当局に協力しているアントニオ・コシデンテさんはチンダモさん殺害について、カラブリア州のマフィア「ヌドランゲタ」の大物のしわざだと主張している。

     コシデンテさんは情報源について、刑務所で出会ったヌドランゲタの元構成員、エマヌエーレ・マンキューソさんだと明かしている。

     マンキューソさんは、チンダモさんが「ブタの餌にされた」と語ったという。

     2019年、チンダモさん殺害の捜査の中で、ヌドランゲタと関係が深い人物が容疑者として浮上し逮捕されたが、後に釈放された。

     さらにややこしいことに、チンダモさんが行方不明となる1年前、チンダモさんの夫が自殺していた。

     地元メディアはコシデンテさんの主張について、警察のマフィア対策特別部門が調査中だと伝えている。
    【翻訳編集】AFPBB News

    https://www.afpbb.com/articles/-/3325021

    【【イタリア】女性を殺して「ブタの餌」に、マフィアのしわざか】の続きを読む

    このページのトップヘ