韓国

    no title
    1: ろこもこ ★ 2021/03/22(月) 17:50:59.44 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b873736-s25-c30-d0195.html


    2021年3月19日、韓国・朝鮮日報は、現代(ヒュンダイ)自動車のジェネシスGV80が「世界で最も過酷な衝突テストで最高の評価を獲得した」と伝えた。ジェネシスGV80は先月、世界的プロゴルファー、タイガー・ウッズが事故を起こした当時、運転していたことで話題となった。

    記事によると、ジェネシスGV80はこのほど、米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価で、最高評価の「トップセイフティピックプラス(TSP+)」を獲得した。米国市場に進出したジェネシスはこれまでに相次ぎTSP+を獲得しているが、V80は昨年末に米国に進出し、今回が初めての衝突テストとなった。6種類の耐衝撃性能試験の全てで「Good」、前面衝突予防評価でも「Superior」を獲得したという。

    記事は「先月23日(現地時間)、タイガー・ウッズは車が横転する単独事故を起こしたが、車両内部は大きく損傷していなかった」とし、「(ウッズの)命を救った」と称賛している。ジェネシス関係者は「顧客はジェネシスの中心。安全はジェネシスの妥協不可能な最優先考慮事項だ」「ジェネシスは今後も顧客の安全に最善を尽くす」とコメントしているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「すごいね」「誇らしい」「現代自がこの国を輝かせてくれた。うれしいね」など、好意的な声が寄せられている。

    ただ、多くのコメントは「ジェネシスが安全なんじゃなく、ウッズが乗ってた車両だけが安全だったんでしょ」「米国でだけ安全なんじゃない?」「輸出用と国内用は造りが違う。国内用の車両だったら、これだけの事故を起こしたら死んでるよ」「輸出用の車両の話でしょ。国内向けがそうであるかのように騒ぐなよ。現代自は正直になるべきだ」「いくらもらってこんな記事を書いたの?」など、厳しい内容となっている。(翻訳・編集/麻江)

    【【車】タイガー・ウッズ事故で注目浴びた韓国車、米国で「最高安全等級」獲得=韓国ネット「うれしいね」「誇らしい」】の続きを読む

    no title
    1: 首都圏の虎 ★ 2021/03/23(火) 08:56:39.19 ID:CAP_USER
     サッカー日韓戦(25日、日産ス)の開催に注目が集まる中、ついに韓国が東京五輪に〝矛先〟を向けてきた。日韓戦に臨む両国の代表が22日から合宿をスタートさせたが、両国では日韓戦の開催に対する批判が殺到しており、反対ムードは高まるばかり。そうした中で韓国メディアが今度は日本の受け入れ態勢に〝クレーム〟をつけ、五輪開催を疑問視したのだ。

     新型コロナ禍における日韓戦の開催に対して、日本でもネット上で批判の声が多いが、韓国でも批判の嵐が巻き起こる。韓国メディア「ウィキツリー」は「韓国サッカー協会(KFA)に対する非難の殺到が深刻化している」と報じ、世論の過熱ぶりはまさに沸点を迎えようとしている。

     そうした国民のピリピリムードを受けて、KFAも感染対策を徹底。複数の現地メディアによると、韓国代表の選手やスタッフは全員がマスクの上にフェースガードを重ね、さらに手袋まで着用する徹底ぶりで仁川空港から出国した。

     まさに韓国代表の一挙手一投足に注目が集まる中で、韓国メディアから〝標的〟にされたのが日本側の受け入れ態勢だ。

    「聯合ニュース」は「韓国代表チームが(成田)空港での新型コロナ検査を受けて結果を確認するまで2時間かかった。航空機での搭乗時間と同じだけ空港で待機させられる選手たちは、やや疲れたようだった」。検査結果の判明までに時間を要することで選手のコンディションに影響が出ることを危惧した。

     さらに「日本サッカー協会と空港当局が協力して韓国チームと一般人の接触の可能性を減らすために努力した。しかし、不特定多数が行き交う空間である成田空港で韓国代表チームのための専用通路などが特別に用意されたわけではなく、バブル(外部との遮断)の戦略は完全なのか」と指摘。関係者専用のVIPルートを用意しなかったとして日本側の対応を問題視したのだ。

     同メディアの指摘する点が不備にあたるかは意見が分かれそうだが、韓国側は鬼の首を取ったかのように過剰に反応。「韓国代表チームの入国過程だけを見ても、五輪の際に世界各国から来た選手たちをすべてチェックし、一般人と接触しないようにブロックすることがいかに難しいか、十分予想できる」と東京五輪にまで話が及び、安全な開催は困難との見解を示した。

     かねて韓国内では東京五輪の開催に反対する声が根強くあり、本紙が既報したように五輪のテストイベントとなる日韓戦を、韓国メディアは「放射能汚染」という暴論や過去の「植民地支配」まで持ち出して反対ムードを煽ってきた。今回いきなり入国時の対応を批判したことは〝東京五輪潰し〟の意図も見え隠れする。今後少しでも日本の対応に問題があれば、韓国が五輪反対の急先鋒となりそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d7bcd643a9c107caf2b20f99ba13e021c15628fb

    【【日韓戦】韓国メディアの〝日本叩き〟で見え隠れする「東京五輪潰し」の意図】の続きを読む

    tabouhiyoko
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/23(火) 20:53:32.12 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f8fcb8e987d5983915172c218a4e50f05529849
     (武藤 正敏:元在韓国特命全権大使)

     米国のアントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官が3月15~17日に日本、次いで17~18日に韓国を相次いで訪問した。日本では茂木敏充外務大臣、岸信夫防衛大臣と日米2+2を行い、菅義偉総理を表敬。韓国では鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官、徐旭(ソ・ウク)国防部長官と米韓2+2を行い、文在寅大統領を表敬した。

     両長官は、東京で日米での緊密な協力に合意して、韓国に乗り込んだのだが、韓国では米韓の立場の相違に直面し、共同声明でも「中国」と「北朝鮮の非核化」が抜けるなど基本的な部分で異見が目立つ結果となった。

     共同声明や、閣僚の冒頭発言、共同記者会見の内容から判断して、米国は文在寅政権との間において中国の問題で対立するのは避け、北朝鮮に対する日米韓の協力に焦点を絞って韓国に働きかけたようである。にもかかわらず、対北朝鮮問題で共通認識は得られず、日韓関係についても具体的な進展があった様子はない。両国の発表文を見る限り、これまでの双方の立場から大きな歩み寄りは見せていない。

     それでもブリンケン国務長官とオースティン国防長官は、会談の冒頭発言や記者会見で今後韓国に期待する協力内容を明示している。韓国に米国との同盟を維持する意思があるのであれば、その行動の選択の余地は狭まってきているといえるだろう。

     ただ、今のままの韓国の対応であれば、日米韓3国協力体制の中では、「日米協力」を軸に動いていくのではないだろうか。

    ■ 日米2+2、中国・北朝鮮への対応で共通認識

     ブリンケン長官は東京での2+2会談の冒頭で「同盟を再確認するだけでなく、実行するために日本に来ている」と述べ、オースティン長官も「一緒に自由で開かれたインド太平洋を守りたい」と抱負を語った。

     日米共同発表文では、中国の行動について「既存の国際秩序と合致しない」「ルールに基づく国際体制を損なう、地域の他者に対する威圧や安定を損なう行動に反対する」と名指しで中国を非難した。そして中国が海警局を準軍事組織に位置付ける海警法には「深刻な懸念」を表明した。台湾海峡の平和と安定は重要だとし、連携を申し合わせた。これに中国が「内政干渉だ」と猛反発した様子をニュースで見た人も多いだろう。


    (略)

    【「親中・親北」路線を捨てられぬ韓国、米韓同盟に溝 日韓間では歴史問題で越えがたい溝も】の続きを読む

    hipparu-usagi
    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/23(火) 17:59:15.03 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4f550c275bb83b3500a9fc25d46481c28d29eb07
     韓国でも人気となっている『鬼滅の刃』だが、主人公・炭治郎が着ける耳飾りが「旭日旗を連想させる」として、市民団体が抗議の声を上げた。それを受けて韓国版映画のデザインは変更されることになったが、韓国社会では「反日エンタメ化」がエスカレートしつつある。

    【写真4枚】「独立闘士」と、銃撃を受け苦悶の表情を浮かべる洋装の「ひろぶみ」のレゴ風人形。他、犬や猫が噛みついて遊ぶ「愛犬用アベマスコット」等も

     実際、韓国では、日韓の歴史をテーマにした「反日玩具」が続々登場している。その一例が釜山に本社を置く1961年創業の玩具メーカー「オックスフォード」が昨年4月に発売したブロック玩具「独立軍ハルビン義挙」だ。

     1909年10月26日、中国黒竜江省のハルビン駅で、初代韓国統監の伊藤博文が民族主義者の安重根に暗殺された事件をブロックフィギュア化した玩具だという。

     韓国・漢陽女子大学助教授の平井敏晴氏が語る。

    「韓国で伊藤は悪の権化とされるので、親子でブロックを組み立てながら、安の“英雄伝”が親から子へ伝えられるのではないでしょうか」

     2018年に発売されたボードゲーム「独島守備隊」も韓国の“愛国教育”に一役買いそうだ。

     独島(島根県・竹島の韓国名)を舞台にしたすごろく形式のゲームで、プレイヤーはサイコロを振ってコースを進みながら、島のいたるところを訪れてミッションを果たす。ゲームのキモは、遊びながら「独島が搾取されてきた歴史」を学べる点だ。

    「『独島は韓国固有の領土』という韓国の主張が当然のごとく前提とされており、各プレイヤーは、独島守備に携わったとされる『英雄』を駒にしてゲームを進めます。

     英雄は、古代から現代までの実在の人物やアシカなどの動物が含まれ、各プレイヤーには、英雄がどのように島を守ったか、島が外国勢力によってどれほど脅かされ、搾取されたかを記したカードが配られます」(平井氏)

     たとえばアシカのカードには、「外国の絶えない殺戮によって、現在は絶滅してしまった」と記され、絵に描かれたアシカは涙を流している。

     また「李承晩ライン」制定後の1953年に独島義勇守備隊を設立した軍人・洪淳七は、「独島を脅かす外国から独島を守った守備隊の隊長」と紹介される。ゲームを通じて、韓国側から見た歴史認識を身に付けられるということのようだ。

    「ゲーム内で日本は直接名指しされてはいませんが、『独島のアシカを全滅させたのは日本人』というのは韓国内の定説であり、洪淳七は独島に『不法侵入』した日本の警備艇に対抗した英雄とされます。ゲームをするなかで親や大人が子供にそうした“補足説明”を繰り返すことにより、『日本の蛮行』が教育されていくことになるわけです」(平井氏)

     日本のすごろくや人生ゲームなどでは、なかなか考えられない“活用法”である。

    ※週刊ポスト2021年4月2日号
    【関連記事】

    【韓国では「反日エンタメ化」がエスカレート 「独島」舞台のゲーム発売、遊びながら“日本の蛮行”を教育】の続きを読む

    no title


    1: Felis silvestris catus ★ 2021/03/23(火) 18:01:41.66 ID:CAP_USER9
    http://news.searchina.net/id/1697834?page=1
     中国のポータルサイト・百度に22日、かつて中国の属国だったという歴史を否定しようとしている韓国に対し、日本の歴史書が「待った」をかけるとする記事が掲載された。

     記事は、韓国が歴史上、中国の属国だったことは「周知の事実だ」とする一方で、現在の韓国ではこの事実を否定する動きがあり、教材から関連する記述を削除する動きさえ見せていると紹介した。

     その上で、「日本の関連する歴史の中で、韓国がかつて中国の属国だったという歴史が真実として記録されており、これは韓国も否定することができない」とし、日本の歴史書で見られる、韓国がかつて中国の属国だったことを示す「証拠」の例を3つ挙げている。

     まず、李氏朝鮮の国名を決定する際のエピソードに触れ、李成桂が1392年に漢城を都として建国した際に国名をどうするかで大いに悩み、最終的に明の初代皇帝・朱元璋に決めてもらったと伝えた。次に、朝鮮半島では李氏朝鮮建国後、明朝および清朝に対して朝貢を行い続け、その回数も頻繁であったとし、中国王朝の属国という身分であり続けたと説明している。

     さらに、ソウルにある2つの建築物についても取り上げた。まず「独立館」についてもともとは朝鮮王朝が明朝、清朝の使節を迎え入れるために1407年に建造された「慕華館」であるとし、「独立門」についてもその前身は中国の使節を迎えるための「迎恩門」だったと伝えた。(編集担当:今関忠馬)

    【中国の属国だった歴史を否定しようとする韓国に、日本の歴史書が「待った」 「独立門」の前身は中国の使節を迎えるための「迎恩門」】の続きを読む

    このページのトップヘ